ED治療を知ろう!

EDの治療

EDの問診と診断

ED(勃起不全)の治療方法は各医療機関によって多少の差異はあるものの、一般的には簡単な問診表の記入から始まります。問診で心臓病や高血圧などが無いと判断されればED治療薬が処方されます。

EDの治療のメインはこの内服薬による治療となります。EDの治療薬は現在3種類発売されていて、以前に比べると患者さんの選択肢も広がりました。これによってより自分に見合った治療が受けられるようになっています。もし、基礎疾患などによってED治療薬が服用できないと診断された場合や、服用後の治療効果が低い場合などは注射や補助器具を用いた治療も可能となっています。

心臓病でニトログリセリンなどの硝酸剤を服用している人や、排尿障害および血圧の治療薬を服用している人にED治療薬を処方することは出来ません。これはED治療薬には血管を拡張する作用があるからで、同様の効果のある硝酸剤や抗高血圧剤などと同時に服用すると血圧が下がりすぎて危険な状態になります。

また低血圧症の薬を服用している人は抗低血圧剤の効果が相殺されてしまう可能性があるからです。ED治療薬を個人輸入などで購入して服用する人も居ますが、自己判断で誤った使い方をしてしまうと取り返しのつかない事態になりかねないので、恥ずかしがらずに必ず泌尿器科に相談しましょう。

ただし、現在EDの治療は保険適用外で全額自己負担となります。治療を開始する際にはソーシャルワーカーや医療相談室とも相談の上進めるかどうかを決める必要があるでしょう。現在は薄毛や抜け毛、禁煙に関する治療も保険適用となっています。今後法整備を進めてED治療も保険適用の方向に進むことが望まれています。

EDの基礎

EDの治療

EDの予防法

EDに有効な成分

ED豆知識

Copyright (C) ED治療を知ろう! All Rights Reserved