ED治療を知ろう!

EDの治療

併用できない薬

ED(勃起不全)治療薬には同時に服用してはいけない薬剤がいくつかあります。バイアグラ、レビドラ、シアリスのいずれも循環器系疾患の治療に用いられる硝酸剤(ニトログリセリン)や心房細動、心室頻脈、肥大型心筋症などに伴う不整脈を抑える目的で用いられるる塩酸アミオダロン(アンカロン錠)は絶対に併用してはいけない薬とされています。

硝酸剤は心臓の冠状動脈を拡張して心筋への血流を良くする作用があります。同時に全身の動脈も拡張させて血圧を下げ、心臓への負担を軽減させる作用があります。狭心症や心筋梗塞の治療に用いられる薬剤です。

ED治療薬にも降圧作用があるため、硝酸剤の強力な降圧作用と合わさることで血圧が下がりすぎ、命の危険にさらされることがあります。また塩酸アミオダロン(アンカロン錠)をED治療薬と併用するとQT延長作用(心電図異常として表れる脈拍の乱れ)を増す危険性があり失神発作や死亡にいたるケースもあります。

他にも降圧作用の高いα遮断剤と呼ばれるものや前立腺肥大の薬、水虫の飲み薬、抗HIV薬、早漏防止薬などはED治療薬との併用には注意が必要とされています。ED治療薬は医薬品です。したがって必ず病院で医師の診断のもと処方箋を出してもらった上で、きちんと用法、用量を守り正しく服用してください。

決して自己診断で安易にネット通販や個人輸入で購入して使わないようにしましょう。サプリメントの服用は現在のところED治療薬と併用しても問題ないとされています。しかし、念のためED治療薬の服用を開始するときは医師に相談してください。

EDの基礎

EDの治療

EDの予防法

EDに有効な成分

ED豆知識

Copyright (C) ED治療を知ろう! All Rights Reserved