ED治療を知ろう!

EDの基礎

高血圧

あまり良く知られていることではありませんが、ED(勃起不全)と高血圧とは深い因果関係があります。発症するタイプと体内の状態を調べてみると、その発症のメカニズムは非常に似通っています。 中高年になってくると自然と血圧が上昇してきます。それと同時にEDも起こりやすくなっています。

中高年で高血圧の人の約10%がEDであるというデータも報告されています。一般的に高血圧とは安静時に最高血圧が170mmHg以上、または最低血圧が100mmHg以上を示す事が慢性化している病気です。高血圧の人はEDの治療を受ける際に必ずそのことを医師に伝えてください。

高血圧の治療で用いられる降圧剤と、血圧抑制効果を重視しているEDの治療薬では効果が重複してしまい必要以上に血圧を下げ、時として命に危険が及ぶことがあります。そのためニトログリセリンのような硝酸剤とEDの治療薬は同時に処方できないことになっています。どちらも血管を広げる作用のある薬です。

また高血圧は動脈硬化を引き起こす可能性が高まる病気です。ED治療薬は血圧を下げる効果が強いため心臓や脳に負担をかける恐れがあるため動脈硬化が疑われる人にとってリスクの高い薬です。また既に動脈硬化症に罹っている人の場合、ED治療薬が効果をあらわさないこともあります。

高血圧の人は健康な人にくらべ血管が傷つきやすくなっています。そのため海綿体に十分な血液が集まらないと考えられていますEDにならないようにするためにもまずは高血圧にならないようにしっかりと予防しましょう。

EDの基礎

EDの治療

EDの予防法

EDに有効な成分

ED豆知識

Copyright (C) ED治療を知ろう! All Rights Reserved