ED治療を知ろう!

EDの基礎

寿命との関係

生活環境における精神的な影響は非常に大きく、長寿の秘訣はいかにストレスレスで生きられるかによると言われているほどです。ED(勃起不全)の原因を解明して早期に治療を開始することはそれだけ毎日の生活を楽しくするためにも重要な事です。性行為とはパートナーがいて初めて成り立ちます。

そして夫婦となった場合は長い年月をともに過ごすことになります。夫婦生活の中でセックスがあるかどうかは二人の関係にも大きな影響を持つことでしょう。セックスをする際にはβエンドルフィンという快感物質が分泌されています。βエンドルフィンは内臓の働きを活性化させることが知られています。肝臓、胃腸、膵臓のほかにも脳の働きも活発になります。

このことは老化防止にもつながりED予防にも繋がっているのです。体内の臓器の働きが活発な状態はEDだけでなく、他の生活習慣病の予防にも役に立ちます。βエンドルフィンはセックスの時に特に多く分泌されるため、ここでEDと寿命とに関係性が出てきます。つまりEDはセックスレスを招くので、βエンドルフィンの分泌が抑制され、そのことにより体内の臓器の活性化も抑制され寿命を縮めてしまうのです。

イギリスで行われたある調査による統計によれば女性のセックスの場合は行為の質が重要であると言われています。回数よりも女性自身が満足できるセックスを求める傾向があるのです。少ない回数でもそのパートナーとのセックスに満足できればβエンドルフィンは活発に分泌されるのです。それに対して男性は質よりも回数の方が重要になってきます。

この調査によればEDやその他の理由でセックスが無いばあいは、セックスを継続的に行っている夫婦よりも死亡する確立が約2倍ほど上昇するということが報告されています。セックスはストレス解消にも役立ちます。EDを治療するということは寿命を伸ばすということでもあるのです。

EDの基礎

EDの治療

EDの予防法

EDに有効な成分

ED豆知識

Copyright (C) ED治療を知ろう! All Rights Reserved