ED治療を知ろう!

EDの基礎

精神疾患

周囲の人間がいくら気にするなと言ってみても、本人が気に病んでいる以上は治療が困難なのが精神的なストレスです。精神的な疾患を治療するのは簡単なことではありません。本人ですら気づいていない原因を突き止めた上で治療プランを立てて進めていかなければなりません。

精神的な疾患を抱えている人は他人に本心を語りたがらなかったり、世間から遠ざかろうとする傾向があります。そのため精神疾患の治療には長い時間が必要となります。ED(勃起不全)は精神的な要因で発症することが非常に多い病気です。精神疾患によるEDは中高年男性だけでなく若年層の男性にも広がっています。では、何故精神的な要因でEDを引き起こすのでしょうか?

精神的な苦痛を感じると、人は緊張状態に陥ります。緊張状態とは脳が不測の事態に備えて交感神経に対し全身の血管を収縮させるように指令を出しています。血管が収縮すると血液が陰茎海綿体には十分な量が供給されなくなるためEDになってしまうのです。

それから性に対する間違った情報や知識が特に若年層の男性に対して誇大な妄想を与えてしまい、実際の性行為とのギャップにコンプレックスを持ってしまうことがトラウマとなりEDに陥ることもあります。また成人男性でも結婚をして子供を作らなければ、パートナーを性的に満足させなければと言う強い思い込みがプレッシャーとなりEDを発症してしまうこともあります。このような浅い知識と間違った情報などによるコンプレックスやプレッシャーは意外と深刻な影響を与えています。

頭でっかちに考えることはやがて体にもあらわれる事になり、やがてEDとなってしまいます。そればかりかうつ病などの精神疾患を患う原因にもなり得るのです。EDの予防改善にはあまり頭でっかちに考えすぎないこと、あまり細かいことやプレッシャーを感じながら毎日を萎縮して過ごすよりもっと自由で柔軟な考えを持ち毎日の生活を充実させることが有効なのです。

EDの基礎

EDの治療

EDの予防法

EDに有効な成分

ED豆知識

Copyright (C) ED治療を知ろう! All Rights Reserved