ED治療を知ろう!

EDの基礎

男性更年期障害

更年期障害といえば女性の病気。。。と思っている人が多いと思います。しかし、男性にも更年期障害はちゃんと存在しているのです。男性更年期障害の原因として最も多いのがストレスだと言われています。

一方ED(勃起不全)の最も大きな原因の一つがストレスだと言われているので精神的、肉体的なストレスがピークに達する50代前後の年齢にEDを発症するケースも多いのでしょう。EDの治療法としてはまず精神的なストレスを軽減することがメインとなりますが、更年期障害が原因であるなら先ず更年期障害に対するホルモン療法が治療の第一選択肢になります。

ホルモンバランスを正常に保つことでEDの治りも早くなります。ホルモン療法はとても高い効果がある反面副作用も強い治療法です。専門医師の説明を良く聞き注意事項をきちんと守って治療に臨みましょう。勃起という生理現象は男性特有のものです。ですからそこには男性ホルモンが大きく関わっていることになります。

男性更年期障害も男性ホルモンの減少や女性ホルモンの増加あるいはその両方が原因で発症する病気です。体内のホルモンバランスは加齢とともに崩れやすくなります。更にストレスはホルモンバランスを崩しやすくする事が明らかになっています。

今までEDは高齢になると仕方の無いことだと言われてきました。薄毛やED、前立腺肥大はそれまで病気という認識が無かったのですが、今では男性更年期障害の一症状として捉えられ始めています。ですから男性更年期障害の治療を行うことでこれらの症状も改善するケースが実例として多いのです。

EDの基礎

EDの治療

EDの予防法

EDに有効な成分

ED豆知識

Copyright (C) ED治療を知ろう! All Rights Reserved