ED治療を知ろう!

ED豆知識

データで見る日本人のED

1998年に行われた男性調査によると成人男性の4人に1人、つまり25%もの人が「十分に勃起せず時々セックスが出来ないことがある。」、「勃起せずもうセックスは諦めている」、と中等度のEDから完全EDという深刻な症状を抱えていて、「体調などによって稀に勃起しない時もあるお」と言う軽度のEDまで含めるとその割合は更に増加し、調査した成人男性のなんと81%もの人が何らかのEDの症状を経験したことがあるとのことでした。

またあるサイトのEDに悩む男性からの質問に医師が答えるというコンテンツに寄せられた内容の分析すると意外にも若い世代の方からの相談や質問が多く20代~40代の人が全体の約7割を占めています。

さらに全体の25%からは女性のパートナーからの相談も寄せられており、「さりげなく受診させるようにしたいのですがどうすれば良いでしょうか?」、「彼に何かしてあげれらることはありませんか」などと相手を気遣う内容が多く寄せられています。

一方ED治療薬を開発、販売しているバイエル製薬が運営しているEDトークダイヤルに電話をかけてくる相談者を分析してみると、50代、60代の男性が全体の約60%を超えていることから高齢者であったとしてもEDに悩みを抱えている人が多いことが伺えます。この結果を見ると年齢だからと諦めずに、専門家に相談してこられるのは、好ましい状況だと思えます。

この様にインターネットや電話などの媒体は違えども、EDに悩んでる男性の年齢層は非常に幅広く、また性別を超えて問題を抱えている人が予想以上に多いことが分かります。今やEDは誰しもがかかる病気と言ってもよいでしょう。ですから、一人で悩みを抱えるのではなく、恥ずかしがらずに泌尿器科へ受診をしていただきたいと思います。

EDの基礎

EDの治療

EDの予防法

EDに有効な成分

ED豆知識

Copyright (C) ED治療を知ろう! All Rights Reserved