ED治療を知ろう!

ED豆知識

勃起のメカニズム

ここでは勃起のメカニズムについて説明します。人間には交感神経と副交感神経という2種類の神経があります。交換神経とは「活動の神経」と呼ばれていて、緊急の事態に遭遇した時に発動する神経で、その時脳はその危険を回避するために意識を張り巡らせ、消化などの活動は抑えられます。

一方副交感神経は「リラックスの神経」と言われています。副交感神経が活動している時、精神は落ち着き、消化器系は活発に働き、睡眠に入りやすい状態になっています。平常時には、この交感神経と副交感神経の両方がお互いに作用し、ペニスは萎縮と勃起の中間の状態になっています。

それが極度のストレスや緊張、恐怖などを感じたとき、交感神経のシグナルが脳から活発に伝達され、全身の血管は収縮し、血流量が減るためペニスは萎縮した状態になります。逆に精神的にリラックスしている時や楽しい状況にある場合は副交感神経からのシグナルが活発に伝達され、全身の血管は拡張し、陰茎海綿体にも十分な血液が供給されペニスは勃起しやすくなります。簡単に言えば「勃起」は副交感神経が司っているといえるのです。

したがって昼間活発に活動している交感神経が夕方以降も活動している状態が続くとEDになりやすくなってしまいます。セックスを夜するのには副交感神経が活発に活動する時間帯が関係しているという事がこのことから分かります。EDの治療にはストレスコントロールをする必要がありますが、日中はどうしても仕事などで緊張状態に置かれることが多いのでそのような状態でストレスコントロールを心がけても中々成果は上がらないことが多いでしょう。

ですから一日のうちでストレスコントロールを行うのに最も適した時間帯は夕方以降が最も良い時間帯だと言えます。また美しい夕日を見ると人の心は癒されるものです。帰宅途中ちょっと顔を上げて美しい夕日を見てリラックスすることでオンとオフの切り替えをしやすくなるので試されてみてはいかがでしょうか?

EDの基礎

EDの治療

EDの予防法

EDに有効な成分

ED豆知識

Copyright (C) ED治療を知ろう! All Rights Reserved