ED治療を知ろう!

EDに有効な成分

セレン

セレンとは魚介類に豊富に含まれる成分です。精力増強効果があることが知られていて、ED(勃起不全)対策には非常に有効な成分です。しかしセレンは人間の体内では生成できない成分ですので、食品から摂取する必要があります。

魚(特に青魚)に含まれるEPAやDHAなどの善玉コレステロールはボケなどの脳疾患や高血圧症、糖尿病など様々な生活習慣病や更年期障害の予防に役立ちます。伝統的な日本食では良く食べられていた鯖や鰯などは老化防止、生活習慣病対策には欠かせない食材ですので今一度日本食の良さを見直してみましょう。

成人男性の場合、1日に必要なセレンの摂取量は60μgから250μgとされています。過剰な摂取は却って悪影響があるのでサプリメントなどから補う場合は服用量を守るようにしましょう。セレンは体内に取り込まれると、約30%が精子の栄養として使われます。

不足すると生殖能力の低下を起こしそこからEDに繋がると考えられています。精子の量を増やし、運動量を上げることが出来れば本来必要とされる精子の数を維持できるのです。またセレンは男性ホルモンの生産量を増やすとされています。EDは男性ホルモンの量とも深く関係しているので、食材によるED対策は必須であると言えるでしょう。

セレンは魚介類以外には肉の内臓に多く含まれます。ホルモンが精力増強に効果的だとされるのはセレンを多く含むためでしょう。実際肉類には魚介類以上にセレンが含まれますが、動物の内臓にはプリンや脂質、コレステロールも多く含まれるため、過剰な摂取は気をつけたいところです。

EDの基礎

EDの治療

EDの予防法

EDに有効な成分

ED豆知識

Copyright (C) ED治療を知ろう! All Rights Reserved