ED治療を知ろう!

EDの予防法

ストレスコントロール

数年前までEDと言う言葉は聴きなれない言葉でしたが、ここ数年で一気にメジャーな言葉となりました。勃起不全や勃起障害、インポテンツは聞きなれた言葉ではありましたが、社会的に禁句のような風潮もありました。

しかしテレビコマーシャルでEDは治療出来る病気だと言うことが広報されたおかげでEDに悩む人が数多く病院を訪れるようになり患者数が急上昇したことがメジャー化した要因ですが、インポテンツや勃起障害などの言葉よりもEDと称したほうが重い印象を抱かれにくいという事もあるかもしれません。

現在EDで医療機関で治療を行っている人は1100万人以上だと言われています。完全ED(全く勃起しないためセックスが不可能)患者数は約260万人、中等度ED(場合によっては勃起可能)患者数が約870万人いると言われています。その患者さんの多くはストレスを抱えています。

ストレスは様々な病気の誘引因子として認知されるようになりました。その一つにEDがあります。ストレスによるEDは軽度のものから投薬やカウンセリング治療が必要な重度なものまで多様性がありますが、精神の疲れが体に出てしまい、心身共に疲れ果てることがED を引き起こす原因となっています。

ED患者さんが急増している背景には以前には老化現象として認知されていた勃起障害がストレスによって若年層にまで広がっていることが上げられます。ですからストレスコントロールをすることでEDの予防には高い効果が期待できるのです。ストレス発散の方法は人それぞれです。ご自身にあったリラックスタイムを積極的に取り入れる努力をしてみてはいかがでしょうか?

EDの基礎

EDの治療

EDの予防法

EDに有効な成分

ED豆知識

Copyright (C) ED治療を知ろう! All Rights Reserved