ED治療を知ろう!

EDの予防法

食事療法

器質的性ED(勃起障害)の改善のために身近なところから始める事が出来るのが食生活の見直しです。EDの食事療法は関連のある生活習慣病の予防、改善にも役立ちますので、是非取り組んでもらいたい方法です。具体的には季節にあった旬の食材を腹八分目程度を目安に良く噛んで味わっていただくように心がけましょう。

現代日本人の食生活は脂質と糖質の割合がずいぶんと増え、EDを含めた様々な生活習慣病発症の原因とされています。EDの原因疾患として考えられるのは糖尿病、高血圧、動脈硬化症など生活習慣病として良く知られている病気です。

EDの食事療法として適している食材とは亜鉛、アルギニン、セレンなどを含む食材です。これらは魚や大豆類に含まれることが多いので日本食を中心に摂るのが理想的ですが、それよりもいろんな食材をバランスよく摂ることが大事だといえます。また良く噛むことは脳に刺激を与え、ストレスコントロールに役立つと同時に唾液の分泌量を増やすことで口臭の予防にも非常に効果的です。

口臭が強くなると人との会話やパートナーとのキスすることにストレスを感じてしまいます。これではセックスのきっかけ失うようなものです。勃起する機会を失うと勃起中枢はどんどんと鈍くなってしまい、ED治療にとっては大きくマイナスとなってしまいます。女性は食事を美味しそうに食べる男性に好意を抱くと言われています。是非ともパートナーと楽しい食事の時間を楽しんで下さい。

また良く噛んで食べると満腹中枢を刺激して少しの量で満腹感を得られます。ハーバード大学の調査では、内臓脂肪による隠れ肥満も含めた肥満男性のED発症の確率は、そうでない人の約2倍にも跳ね上がると報告されていますので、ゆっくりと時間をかけよく噛んで食事を楽しむようにしましょう。

EDの基礎

EDの治療

EDの予防法

EDに有効な成分

ED豆知識

Copyright (C) ED治療を知ろう! All Rights Reserved